読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
クリックお願いします!にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

キーワードは、ゆるなが「楽」習!

クリックお願いします!  

 

本屋に行って、英語コーナーに行ってみてください。

 

あまりの「学習書」の多さに唖然としませんか?それも毎年毎年、いや、毎月毎月、新しい本が出ている。電車の中には英会話学校の広告がたくさん出ている。

 

大学入試向けの参考書や問題集も同じ。高校でも、予備校や塾のマネして、様々な参考者や単語集、問題集を生徒に買わせて、毎週テストしたりしています。ベネッセなどの「受験業者」が学校に来て、いろんなテストや問題集を売り込んでいます。

 

でも、日本人は一向に英語ができるようにはなりません。どれほど努力しても英語が伸びないという受験生も毎年たくさんいます。どうしてでしょうか。

 

やり方が決定的に間違っているんです。英語の先生も、英会話学校も、予備校も、英検やTOEICなどのテスト業者も、巷にあふれる「英語専門家」も、正しい学習法をわかっていないんです。いや、わかっているけど教えないんです。だって、それを教えちゃって、日本人がどんどん英語ができるようになってしまったら、もう商売にならないんですからね。

 

英語、いや、外国語をマスターするのは、そんなに複雑なことではないんです。正しいやり方で「時間」をかければ、誰でも「ある程度」はマスターできます。(「ある程度」というのは、目的も、必要性も、正確も、IQも、人によって違うからです。日本語でもできないことは英語でできるわけないんですし、英語で論文を読む必要もないのに論文を読めるようにはなりません。)

 

間違ったやり方でいくらやったって、英語力はつきません。大学入試にも失敗するし、TOEICのスコアもあがりません。でも、多くの日本人が毎日毎日、英語の先生や英語業界にダマされて、「間違った方法」で英語を勉強し、お金と時間をムダにしているんです。

 

ダイエット商法と同じです。

 

やせる原理はただ1つ。摂取カロリーを上回るカロリーを消化する。これ以外に方法はありません。だけど、さまざまなダイエット法にダマされて、多くの人が、お金と時間をムダにしています。ダイエット業界は、正しい「ダイエット法」なんて教えません。だって、みんながやせちゃったらもう商売できないんですから。

 

私は、高校で20年以上英語を教えていますが、多くの高校生が、マジメに先生の言うことを聞いて、多額のお金と膨大な時間を費やして努力したのに、成績もあがらず、入試にも失敗し、もちろん、英語を使えるようにもならない、もう英語なんて見たくもなくなってしまう、そんな状況を見てきました。最近では、通勤電車の中で、高校生だけでなく社会人も単語帳や文法問題集とにらめっこしています。そんなことをしたって英語ができるようにはなりません。偏差値もTOEICスコアもあがりません。

 

もう黙ってはいられなくなりました。

 

このブログで、ホントの英語学習法をお教えします。タイトルは、あえて「楽」習法としました。英語をマスターするには時間がかかります。あたりまえです。だから、苦しいことをしてはダメなんです。続きません。楽しく、ゆるく、やるのがコツです。そうしないと続きません。続かなければできるようになるはずはありません。これもダイエットと同じですね。ハードなトレーニングを1日やっただけで疲れてしまい、すぐに元の生活に戻ってしまうよりも、毎日少しでもいいから「楽な」運動を「ゆるーく」やった方がいいに決まっていいます。大学入試やTOEICを控えて焦っている人もいるでしょうが、それっぽい宣伝文句にダマされて問題集や予備校に走るよりも、「楽」なことを「大量に」やった方が偏差値もスコアもあがります。きつい無酸素運動を少量やるよりも、楽な「有酸素運動」をたくさんやった方がやせるのと同じです。

 

ゆるーく、長ーく、「楽」習しましょう!

 

クリックお願いします!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村