読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
クリックお願いします!にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

子供向けは子供だましではない

クリックお願いします! にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 

 

こんな記事を見かけました。

 

私は英語多読を始める(つまり学校で多読授業をやる)まで、子供向けの絵本や児童文学を読もうなんてこれっぽっちも思っていませんでした。しかし、英語で絵本を読んでみると、それはそれはもう感動の嵐(というのは少々おおげさですが)。日本語だと、そもそも読もうとも思わなかっただろうし、英語(外国語)で読むから自然に入れるのかなという気もします。

 

上の記事で紹介されたのは、英語としては難しいかもしれませんが、日本語で知っているストーリーであれば、さらーっと「読み流す」のもいいと思いますよ。なんとなくストーリーが思い出せればオッケー、くらいの気持ちで。

 

学校の授業や受験勉強で「なんとなくはダメ!100%理解しなきゃ!」と洗脳されている純真な日本人の方には難しいと思いますが、なんとなくでオッケーという

 

ゆるながマインドセット

 

で読んでみてください。物語に入ってしまっている自分に気づけばもう洗脳から解放されたと思っていいでしょう。

 

子供の純粋な心に戻ってみませんか?

 

クリックお願いします! にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ