読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
クリックお願いします!にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

英語学習の「十戒」

 クリックお願いします!  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

 

H.D. Brownという学者が、10 Commandments of English Teaching and Learning ということで、こんなことを提唱しています(Commandment は「掟」という意味で、「モーゼの十戒」とかけているようです)。

 

For EFL TeachersFor Language Learners

Lower inhibitions

ハードルを下げる

Fear not!

びびらない!

Encourage risk-taking

リスクを奨励する

Dive in

飛び込め!

Build self-confidence

自信を植え付ける

Believe in yourself

あなたならできる!

Develop intrinsic motivation

「内的動機」を高めさせる

Seize the day

今を楽しもう!

Engage in cooperative learning

共同学習をすすめる

Work with your team

誰かと一緒に!

Use right-brain processes

右脳を使わせる

Get the BIG picture

ふわっと!

Promote ambiguity tolerance

曖昧さへの耐性を育てる

Cope with the chaos

わからなくても気にしない!

Practice intuition

直感を鍛える

Follow your hunches

感覚に従え!

Process error feedback

間違いから学ばせる

Make mistakes work FOR you

間違いから学べ!

Set personal goals

個人的な目標を立てさせる

Set your own goals

何で英語やるの?

いかがでしょうか。

 

日本人が何やっても英語ができるようにならないのがよくわかりますよね。学校や塾・予備校の英語の授業では、全く正反対のことばかりやっています。社会人相手のTOEIC関係の教科書とか、英会話学校や教材の宣伝文句見ても、この十戒を破るようなことばかり書いていますよね。

 

日本の英語教育界は

 

英語ムラ

 

なんですよ。この10 Commandmentsに従ったら「先生が生徒に教える」という構図はくずれてしまうから権威が保てなくなるし、脅迫商法でビジネスもしずらくなってしまいます。既得権益が守れなくなってしまうのです。だから、「文法も発音も完璧にしないと受験には通用しない」と英語学習のハードルを上げ、「あなたの英語ネイティブにはこう聞こえてますよ」と自信をなくさせ、「受験では英語が勝負」と外的動機づけを奨励して個人的な目標は否定し、「英語は理屈だ!」と左脳学習を奨励し、「なんとなくではダメ!」と曖昧さへの耐性や直感を否定しているのです。

 

逆にこのブログで言ってきた

 

やさたく・ゆるなが

 

は、結構10 Commandmentsに合っていると思いませんか?

 

クリックお願いします!