読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
クリックお願いします!にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

文法と文法用語

クリックお願いします! にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 

 

この記事(文法はわからなくてもいい!)でも書きましたが、文法を理解していることと、文法用語を理解していることは全く違います。

 

文法を理解しているということは、たとえば、

Yesterday I go see game baseball.ではなくて、Yesterday I went to see a baseball game.と言えたり、また、Went you go to see the baseball game?ではなくて、Did you go to see ...?と言えることです。

 

実は昨日、通信教育で英語の教員免許をとっている友人に話を聞いたのですが、これだけ学校の英語の授業でコミュニケーション能力をつけてくれ、と言われている時代に、いまだ「関係代名詞を体系的に説明する」など、そういうことを勉強しているようです。彼女はもちろん英語は自由自在に使えます。英検1級ももっています。TOEICも900オーバーです。実際英語を使って仕事をしていました。あぁ、それなのに。。。

 

「関係代名詞っていうのがそもそもよくわからない。『ロイヤル英文法』も『英文法概説』も『一億人の英文法』も読んだけど、もっとわからなくなった。」

 

と現役高校英語教師の私に泣きついてきたのです。私はもちろん「関係代名詞を体系的に」説明できます。自慢ではないですが、生徒からも「わかりやすい」とほめていただいています。でもね、いくらわかりやすく説明しても、それで生徒が関係代名詞を「使いこなせる」ようになるわけではないんです。

 

英検1級、TOEIC900オーバー、仕事でも英語で使っていた彼女はもちろん関係代名詞は使いこなせますが、「体系的な説明」はできません。多くの英語の先生は「体系的な説明」はできても、彼女のように英語は使えませんし、英検1級もTOEIC900オーバーもとれていません。

 

この記事(先生はいらない!)でも書きましたが、日本で英語を使えるようになるには先生はいりませんね。文法至上主義で生きてきた大学の『英語の先生』の指導を受けた人が、中学・高校の『英語の先生』になって生徒に「文法」を教える。。。終わりのない悪循環です。

 

みなさんは「英語教育」など相手にせず、「やさたく」「ゆるなが」で「自立した英語ユーザー」になりましょう!

 

クリックお願いします! にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ 

FB/Twitterでの拡散もお願いします。